もう一度行きたいと思う場所、台湾

居心地良すぎ!台湾の人柄と文化

数年前、友人と台湾に旅行に行った事があります。旅行先を台湾に決めたのは、親日家が多いという事で日本語が比較的通じやすいという理由からでした。

実際に台湾に行ってみて、思ってた以上の親日ぶりと、元々の南国気質でゆったりとしたムードのせいか、とても居心地がよかった事を覚えています。台湾の人は、私達が日本人だとわかると、拙いながらも日本語で話し掛けてきてくれました。露天のおばちゃんなどはそれが商売なのかと思ったりもしましたが、特に何を買えと言うわけではなく、ただ、日本人と話したいといった雰囲気だったと思います。

泊まったホテルのフロントの人もとても親切で、勿論日本語の通じるスタッフもいました。過去に別のアジア諸国へ旅行へ行った時、おそらく日本人というのが理由で不誠実な言動をされた記憶があるので、その点においても台湾は群を抜いて日本人には好意的であると感じました。

買い物などをしていても、日本語表記も多く、また漢字文化であるので、全く意味がわからない場所や看板などがなく、そう言った意味では海外にいるという不安は少なかったような気がします。

かと言って勿論、台湾は日本ではない事は間違いないので、全く日本と同じ感覚で過ごすには、危険もあるという認識は忘れないで欲しいですが、女性2人で旅行しても、心配が少なく楽しめる旅となったのも間違いないです。


スワップポイントとは