台湾 仕事

台湾で仕事探し

台湾は世界のエレクトロニクス産業が集まる国ですが外国人が台湾で働くにはどういった仕事が見つかるでしょうか。日本人向けに出てる仕事を探すのが近道なわけですが、やはり日本語教師、日本語の翻訳・通訳関連の仕事が挙げられます。月に数件は出ています。そしてこれらは就労ビザの申請が降りやすい(可能性が高い)のです。日本語・北京語が熟達している方は狙ってもよい職種といえます。

 

他に台湾で仕事を探すといえば日本人向けのサービス業もありますね。料理屋、ホテル、美容関係など。ただし台湾人も日本語が出来る人が多いので日本人を雇う前に台湾人で人材を探していなければ、という条件付になります。何れにしても口コミや邦字紙、人脈を辿って求人情報を探すことになりそうです。

 

一般企業で探すなら

台湾の仕事で一般企業から探すとなると商社の事務職や営業職が多め、そして冒頭でも書きました、台湾はエレクトロニクス産業が伸びており日本企業も台湾に法人を設立しているので、これらの企業の募集を探せるひとは可能性が高いですね。この場合は当然、ビザの取得条件に過去のキャリア(就業する職種が過去に関連する経歴を持っていること)が問われます。

 

人材マッチングサービスを活用しよう

台湾にある日系企業等の求人を探すのは人材マッチングサービスを使うのが近道といえます。どういう仕組みかというと、人材を募集したい企業と、就職したい人をマッチングさせる仕組みです。企業と人材の仲介を行なってくれます。利用料は無料で登録でき、エージェントと呼ばれる担当者と共に就職まで頑張っていくシステムです。

 

希望する業界・職種を選び、これまでの経歴をエージェントに伝えれば、台湾で働ける企業で求人が出ていれば紹介してもらう事が可能です。書類もエージェントに渡せば企業への応募もでき、面接等のコーディネイトも行なってくれます。日本で使える人材マッチングサービスをいくつか紹介しましょう。

 


スワップポイントとは